自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

絶対おススメの「特約」はこれだ!

絶対おススメの「特約」はこれだ!


「これは絶対に外せない」おススメできる大変役に立つ特約です。


「弁護士費用特約」

「日常生活賠償特約」

「対物超過修理費用特約」

この3つです。


まずは、「弁護士費用特約」についてです。


赤信号で、停車している自分の車に、

突然後ろから別の車が突っ込んできて衝突事故を起こした時です。


当然、過失の割合は被害者であるこちらは、

0で、相手が100です。

しかも、相手は保険が切れていた。


実はこのケース、こちらの保険会社では、示談代行ができません。

なぜでしょうか?


そもそも、保険会社の示談代行とは?

法律場で言うそれとは、全く違うものだからです。


法律上、日本国内で、示談を生業にできるのは、弁護士だけです。

だから、保険会社が示談代行しては、弁護士法に抵触してしまうのです。


では、なぜ保険会社が示談代行的な行為を行えるか?

それは、保険会社が事故加害者の連帯保証人になっているからです。


保険会社は、契約者であるお客様が起こした

自己の責任範囲において連帯保証をしています。


つまり、契約者が、事故を起こせば、

保険会社は、相手に賠償を支払う当事者とあるのです。


保険会社はこの立場を使って、

当事者として、相手との補償の話し合いに挑むことができるわけです。


保険会社としては、サービスの内容がわかり易い様に、

「示談代行」と言う呼称を用いているだけで、法律上は、

弁護士とは同じ示談交渉ではないことになっています。


つまり、こちらが、過失が、0の時は、

保険会社は自己の当事者にはならないので、出番がなくなります。


自分の保険会社は何もしてくれない、

しかも、自己の相手の保険が切れていて保証されないというのでは、

途方に暮れてしまいます。


そこで、役に立つのが、弁護士費用特約です。


保険会社によって、名称も、保証範囲も異なりますので、

注意が必要です。


自動車事故による被害者が対象


  •  交通事故弁護士費用特約

自動車の他にもバスや電車などの交通事故全般に及ぶ被害事故が対象


  •  弁護士費用特約

「日常生活」全般に及ぶ被害事故が対象

などと保証の範囲によっていくつか種類があります。


いずれも、保険会社による示談代行が出来無い時に、

弁護士に示談を依頼した時の相談費用を保証するものです。


この特約をつけておけば、心強いと思います。


しかも、この特約を使っても、無事故割引(等級)には、

影響しないので、翌年の保険料が上がる心配はありません。


特に、日常生活で起きた被害事故の全てに対応してくれるタイプならば、

意外なところで役に立つことがあります。


自動車事故の他にも、日常生活で起きたことでも、

弁護士による解決ができるのは、とてもっ心強いですよね。



● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional