自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

日曜日だけの運転では代行費用特約はいらない

日曜日だけの運転では代行費用特約はいらない


自動車保険は、基本的に1年ごとの契約となります。


保険内容は、大体が保険会社の方から、

「おすすめプラン」のハガキが郵送されてきます。


この奨めプランには、

本来必要でない特約が盛りだくさんつけられています。


契約の更新をきっかけに、必要な補償やサービスが入っているか、

無駄がないのかをしっかりチェックして検討しましょう。


ここでは、見直すポイントをおすすめする主なものを紹介します。


① 「代車用特約」

これは、名前の通り、事故でクルマが使えなくなり、

修理に出している間などに、

レンタカーを借りた実費が、保険金として支払われる特約です。


車両保険をつけた契約に、セットできます。


仕事などで、日常的に車を使っているなら、

万一の時には、代車を借りる必要もありますが、

普段週末に買い物やレジャーに行く程度しか使わないのなら、

車が2.3週間くらい使わなくても、別に問題はないはずです。


この特約は、保険料をやや高めだから慎重に検討する。


② 「車両手荷物等損害特約」


これも、車両保険が付いた契約に、セットできる特約で、

車内やトランクに置いてあった荷物が衝突事故で壊れたり、

盗難にあった時に、損害額が保証されるというものです。


よほど高額な物品を通常車に置いていない限り、

あまり必要性の高い特約とは言えません。


③ 「ホームヘルパー費用特約」


例えば、車で買い物帰りの主婦が、

事故に遭って怪我をしてしまい、

入院したなどの事情で家事ができなくなった時に、

ホームヘルパーを雇うのにかかった費用が支払われる特約です。


こういったものまで、本当に必要なのか?

よく考えなくてはいけないと思います。



● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional