自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

搭乗者傷害保険に入るべきか?

搭乗者傷害保険に入るべきか?


人身傷害補償保険は、相手の有無に関わらず、

保険金の範囲内で契約者を含む搭乗者のケガをカバーします。


搭乗者傷害保険と補償内容が重複するため、

人身傷害補償保険を付帯していれば、

搭乗者傷害保険を付帯しない保険会社も増えています。


契約車両に乗っている人がケガをすると、

その治療費は搭乗者傷害保険で支払われます。


しかし、人身傷害補償保険に加入していれば、

そちらで治療費をカバーでき、

搭乗者傷害保険と補償が二重になってしまいます。


「それなら、保険料も安くなるし加入しなくてもいいのでは?」

ということで、最初から付帯していない

保険会社が増えてきているというわけです。


人身傷害補償が損害金額に対して

補償範囲内で全額支払われるのに対して、

搭乗者傷害保険は部位・症状別での支払いとなります。


搭乗者傷害保険の保険金の一例


【頭部のケガ】

打撲・捻挫   5万円

挫創      15万円

骨折・脱臼  60万円


【手指のケガ】

打撲・捻挫   5万円

挫創      5万円

骨折・脱臼  20万円


なお、

「同じ事故で頭部も指も骨折した」という場合、

保険金額の高いほうからのみ

保険金を支払う保険会社が多いようです。


人身傷害のみで補償できなくはないのですが、

二重に保険金が支払われるので、

両方に加入したほうが補償は万全です。


結論

保険金支払いのスピーディさを考慮すると、

搭乗者傷害補償保険は非常に頼もしいといえます。


不慮の事故で入院して、

治療費の心配までするのは思った以上に大変そうです。


また人身傷害補償や、

相手の対人賠償から保険金の支払いを受けていても、

保険金をもらえるのがポイントです。


さらに言えば、ドアで指を挟んだ場合なども保険金を請求でき、

しかも翌年の等級に影響が無い点も心強いです。


保険料のコストはかかってしまいますが、

十分にコスト分の満足を得られるのではないでしょうか。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional