自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

対人・対物賠償の限度額設定は?

対人・対物賠償の限度額設定は?


対人賠償保険」と「対物賠償保険」の保障額は、

一体いくらにしておけばいいのでしょうか?



もし、事故を起こしてしまったら、損害を与えた相手への補償のことです。


それこそ、自動車保険では最重要事項と言えます。

対人賠償保険とは


自動車事故で、他人に怪我をさせたり、死亡させてしまったときの補償です。

対物賠償保険とは


自動車事故で他人の車や建物に損壊させたときの保障です。

自動車保険には、

すべてのドライバーが今日席的に加入を義務付けされている「自動車損害賠償保険」と

個人の判断で加入する「自動車保険(任意保険)」


この2つがあります。


死亡事故を起こした時に、

自賠責保険で支払われる保険金額は、

最高で、3000万円までです。



ところが、人身事故で億単位の賠償金を

請求されるケースもないことはありません。


そうした時に、自賠保険の賠償限度額を超える部分を

カバーしてくれるのが、任意保険の対人賠償保険です。


しかも、賠償額は、1億円と無制限との保険料の差は、

年間わずか数百円です。


なので、ほとんどの人は、対人賠償については、

限度額を「無制限」にして置くことをおススメします。


しかし、1000万円とか、2000万円程度に設定している人がいます。

理由はもちろん、保険料を安くするため、

また、運転に自信があり「大きな事故は起こさない」という人、

経済的な理由で、できるだけ出費を抑えたい人など、

対人は無制限にしていても、

対物は賠償限度額を設定しているケースがあります。



果たしてこれで本当に得なのでしょうか?



その事について、次の項目で、詳しく考えていきましょう。



● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional