自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

免責金額をつけると保険料が安くなる

免責金額をつけると保険料が安くなる


車両保険を安くする為には、「免責金額」の設定のやり方が問題です。

免責金額とは、



自己負担のことで、5万円、10万円などと金額を決めて、「
事故を起こして車を壊しても、この金額を下回る修理代であれば、自腹を切ります。」と言うものです。

例えば


車をこすってしまい、板金塗装に4万円かかってっしまい、免責の金額を5万円にせってしている時、修理代は、全額、保険を使わずに自腹で払うことになります。

もしこれが、10年の修理代がかかったら、差額については保険金が出ます。


つまり、

この免責金額を高くすればするほど、保険料は安くなります。

ただし、注意してもらいたい事があります。

保険金を請求すると、「等級」が下がってしまう点です。

等級とは



保険契約者の格付けのようなもので、保険加入年数と事故を起こした回数に応じて20段階に分けられています。


通常、新規の契約には、「6等級」からのスタートで、1年間無事故(無請求)を重ねるたびに、1等級ずつ上がって行きます。

保険金請求を伴う事故1回起こすたびに、等級が3つ下げられます。

この等級によって、保険の割引率や割増率が決められています。

故に、5万円やこのラの修理代ならば、保険金を請求して等級を下げるよりも、自腹で払ったほうが、全体的に考えると、保険料を安くすることができるでしょう。


そのような考え方も知っておいて欲しいと思います。


特に、平成24年10月以降に、実地された制度により、同じ等級でも「事故有り」と「事故なし」では、割引が大きく異なります。


つまり、少額の保険金請求の際は、よく考えてからにしなければならないです。

免責金額は、5万円や10万円の単価が一般的です。


たしかに、免責金額が高ければ、保険料が安くなるので、15万円とか20万円となると保険料に大きな差が出ます。


免責のつけ方として

はじめは免責金額を高くしておけば保険料は安くなります。

無事故を続けて等級が上がったら、

安くなった分の保険料を考えて免責金額を下げる

ということもできますね。


また、

1回目の自己負担は0円で、

2回目以降の免責を10万円にする。

と良いのではないでしょうか。


ポイント

1 保険期間は1年以内に無事故であれば、継続契約時に、東急が1ランク上がる。

2 保険金の支払があった時は、逆に等級が3ランク下がる。



● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional