自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

中古車 車両保険 必要

中古車 車両保険 必要



画像の説明

中古車も車両保険が必要なのか



中古車に自動車保険の車両保険が不可欠かどうかですが

その車の車両保険の保険額(保険会社から支払われる金額)は、

その車の時価により決定され、

保険料(保険会社に支払う掛け金)もそれによって決まります。



例するに、10年落ちの中古車自体の価格が20万円として、

諸費用合わして40万ぐらいで購入したとします。



このとき、自動車保険会社の見積もりで、

この中古車に車両保険を付けようとすると、

保険会社により大差は御座いますが、

40万円ぐらいの保険金設置となりします。

この保険金額40万円の車両保険ですが、

相手が居る事故を起こして、

互いの過失割合が50%ずつだとする時に、

自分の車の修理費が20万円する事になると、

相手の車の保険会社から10万、

自分の自動車保険証券の車両保険から10万払われます。

これは、車両保険の免責なしを設定している時で、

免責を5万円にして保険料を安くしている時は、

自家の車両保険からは5万円しかでません。

残高5万は自腹を事になる出来事になります。

自動車保険の車両保険(免責なし)の保険料は、

車両保険なしの時の約2倍かかります。



この事故の実例の時のように、

自分の車両保険から10万しかでない、

免責を5万に設定している時は、

5万しかでないのであれば、

保険掛金の高くなる車両保険が中古車に

必要か如何か分かると思います。

自動車保険車両保険をつけていなかった場合は、

10万を全部自腹を切って修理する事に掛かりますが、

車両保険の保険掛金2年分ぐらい

(車の時価や自動車保険会社により保険料は変わります)

の保険掛金で修理ができてしまいます。

2年に1回以上の事故がない限り、

掛け損することの可能性が高いのです。

ただ、相手のない全損事故の折

(例えて言えば、電信柱に激突して車が全損した時など)は、

若干話が変わってきます。

この時は、理論的根拠として

自動車保険の車両保険から保険金40万円が酬いれますから

役に立ちます。

(全損の時は、免責額を設定していても自己負担はありません)

如何でしょう?

自動車保険の車両保険が中古車に必要かどうかの断定は、

結局その人格者それぞれのリスクに対する考え方によります。

同じ年式の同じ車でも自動車保険会社によって、

車両保険金額を算用する基準が変ったりもします、

各社の内容を知っておく必要があります。

中古車を購入する際には、



車両保険が有または、無しを択ぶのは、あなた次第ですが、

  • 次のポイントを覚えておいて下さい。


    1 金銭的な半面像から試みれば必要はないのかもしれません。

ただ自動車保険を考えた度、車両保険の無いものは不備商品ともいえます。


2.自損事故の出来事は自己責任な故、どちらでもかまわないでしょう。

ただ、あて逃げの時は如何にでしょう。

「しょうがない」ってあきらめられますか?


3.相手との交渉が思わしく進まない時、修造工場から支払いの督促を受けます。


自己負担で立替できますか?


自分に過失のない事故でも相手は修理費を支払ってくれない、どうしますか?


保険会社は何もできないですね。


どういったことを保険に期待しているか、と言うことです。


決めるのは自分です。


● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional