自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

一日だけの自動車保険を利用しよう

一日だけの自動車保険を利用しよう


他人の車を運転することになるシチュエーションというのは意外に多いものです。


友人たちとの旅行などで交代で運転したり、

引っ越しなどで大きな車を借りたりといったように、

慣れない他人の車を運転することがあるのです。


けれどもこのときに万が一事故を起こしてしまうと、

車の持ち主がその車両の保険金を請求することになり、

手続きなどで面倒をかけてしまうだけでなく、

次回の保険契約の際に不利にさせてしまいます。


そんなときに便利なのが一日自動車保険です。

連続7日間まで加入でき、金額も車両補償付でも1日1,000円、

車両補償なしなら1日500円と安価なのです。


しかしながら補償内容は、対人賠償、対物賠償ともに無制限であり、

搭乗者傷害に対しても1,000万円の補償があるのです。


手続きも携帯電話やスマートフォンから簡単に申し込むことができます。


通常は7日前までに事前登録が必要ですが、

車両補償がないものであれば初めてでも運転をする当日に申し込むことも可能です。


こういった保険を利用することで、

わざわざ保険内容を変更しなくても安心して運転をすることができるのです。


1日自動車保険に加入していれば、

他人の車を運転した際に万が一事故を起こしてしまっても

車の持ち主への迷惑や自分への負担を軽減することができます。


また慣れない車を運転する際にも

保険に加入しているという安心感からリラックスすることができます。


携帯電話やスマートフォンなどから簡単に手続きができる上、

1日500円、もしくは1,000円という破格の値段で十分な補償が得られるのは大きなメリットです。


一方、加入した場合のデメリットとして考えられるのは、

頻繁に加入を繰り返すことによって、

1日自動車保険に支払う合計金額が通常の自動車保険に加入した場合の金額を

上回ってしまう可能性があるということくらいです。


しかしながら1日自動車保険の金額は明確なので、

1年にどのくらい車を運転するかを試算をして保険料を比較すれば、

損をしてしまうようなことはまず起こりにくいと言えます。


加入することができれば便利な1日自動車保険ですが、

法人所有車やレンタカー、また配偶者の所有する車には

適用されませんので注意が必要です。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional