自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

リスクを限定すれば保険料は安くなる

リスクを限定すれば保険料は安くなる


保険の内容の変更が自由にできるということは、

状況の変化に応じて保険内容をリスクが大きい時には、

補償を厚くして、リスクが小さくなったら、

補償を薄くすればムダな保険料を払わなくて済みます。

あなたは、「これは利用しよう!」と思ったはずです。

そこで、様々なリスクをどう扱うかというところがポイントです。

限定する3つのポイント



自動車保険で、リスクを限定することで、保険料が割り引かれます。


1 「運転者」を限定する

2 「運転者の年齢」を限定する

3 「車の使用目的」を限定する

それでは、詳しく説明します。

まずは、1からです。



運転者の限定には、「本人のみ」「本人か配偶者」「家族」など、


ドライバーを限定する特約をつけること。


それだけで、3~8%程度の割引になります。


割引率の大きい順は、


1位 本人のみ

2位 本人か配偶者

3位 家族


となります。

ほとんどの方は、「本人か配偶者」と思います。


マイカーを他人に運転させることはまずないからです。


もし、子供さんも運転するのであれば、

「家族限定」の特約をつけるといいと思います。


普段は、子供が別居で一時的に実家に帰るときにだけ、

「家族限定」に変えることにより、

保険料を安くすることができます。

2では、年齢条件です。


「年齢を問わず」「21歳以上」「26歳以上」など年齢を限定することで、

保険料に違いが出ます。



年齢が下がれば下がるほど、保険料は高くなります。


運転者の年齢条件によって、保険料はどれぐらい違ってくるでしょう。

新規契約する場合(等級6)



・ 年齢を問わず・・・割増 28%

・ 21歳以上・・・割増 3%

・ 26歳以上・・・割引 9%

・ 35歳以上・・・割引 9%


参考にしてください。


3では、使用目的です。



「業務目的」「通勤・通学使用」「日常・レジャー」など、

車の使用目的を限定することで、保険料が違います。

保険料の安い順は、


1位 「日常・レジャー」

2位 「通勤・通学」

3位 「業務使用」

ここで一例ですが、


普段は電車通勤をしているのですが、

大雨のために、たまたま通勤に車を使用するという程度のことであれば、

保険料が最も安くなる「日常・レジャー」にすることができます。


● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional