自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

バイク 車両保険

バイク 車両保険


バイクが事故によって損害を受けた場合



車両保険証券は、ご契約のバイクが事故によって損害を纏った時や

窃盗りに在った折に保険金をお支払いする保険です。

お車が衝突・接触などの事故で壊れたり、

火難・盗難などにあったりした折にお支払いします。

お車に定着(ボルト・ナット等で固定されている状態)

または装備されている付属品も対象となります。



保険の品種は補償の範囲によって一般タイプと

限定タイプの2種類があります。

猶々、車両保険はお愛車の型式や初度登録年月、

車両価額等によってはお引き受けできない折がいらせられます。

【全損の時(取繕費がご契約額を越えた時も含めます。)】

保険金額(ご契約額)の全額をお支払いします。

再び、臨時費用保険金として保険金額(ご契約金高)の10%

(ただし20万円を上限とします。)をお支払いします。

盗難の折も保険金額(ご契約額)の全額をお支払いします。

(不定期費用保険金も同じくにお支払いします。)

重ねて、盗難内実を交番に届け出た折に限り、

盗難にあった日から最初の3日間を控除した日数

(ただし30日を限度)に対して、

1日につき3,000円を代車等経常費保険金としてお支払いします。

【一部分傷害の時】損害額から免責金額(自己負担額)

を差し引いた金額をお支払いします。

保険金が支払われない主な時(免責事由)



次のような時には、保険金が払われません


・保険契約者、被保険者または保険金を受け取るべき者のわざとまたは重大な過失

・地震、噴火またはこれらによる津波

・戦争、暴動など

・核燃料サブスタンスによる事故

・詐欺・横領

・契約しているバイクを競技、曲乗または入試のために使用する事

・契約しているバイクに危険物を仕事として重荷すること

・車両の欠陥、摩擦、腐蝕、さびその他自然の消耗、故障による損害など

・タイヤの単独損害(火災・盗難の度を引き除きます)

・無免許・酒酔い・麻薬など運転


● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional