自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

バイク 盗難保険

バイク 盗難保険



バイクは保険の引受上、転倒した際の破損や切取りなどの危難が

四輪のクルマとはまったく異なります。

どんな保険でも危険度の最高ものについては

契約者のニーズも高い物です。

自動車の盗難なども多く話の種になっていますが、

盗まれやすさで話せばやはりバイクと考え付くことに懸ります。

せっかく買ったバイクをほいほい盗まわれたり、

壊れてしまってはたまりません。

バイク保険という言葉を使っていますがいますが、

バイク保険の実際は自動車保険です。



自動車保険では保険を付ける対象車両の用途車種を指定します。

それが例えるに自家用普通乗用車なのか? 

二輪自動車なのか? 

原動機付自転車なのか? 

と言う違いです。

バイク保険の時には用途車種が

二輪自動車か原動機付自転車ということになり懸ります。

適確な用語をすばオートバイにつる自動車保険のこととごごくださ了解ください。



基本的は自動車保険ですから、補償の構成についてもこれと同じです。

バイク保険の補償以下の3つです。

補償責任保険

傷害保険

車両保険

一般的には対人賠償・対物賠償、

そして搭乗者傷害保険を付帯する構成で

バイク保険に加盟している方々が沢山と思います

車両保険は未加入)。

保険の対象について



下記条件をすべて満たす場合のみ、保険の対象となります。

・メーカー別鑑定価格表掲載のバイクであり、

タイプが明示されている国産車と輸入車。


・排気量が125mil以下の単車は、初年度登録から6年以内。


・排気量が125ミリリットル超のバイクは、

初年度登録から10年以内。


・車検証(排気量250ミリリットル超)、

軽自動車届出済証(排気量125cc超~250cc)、

標識交付書(排気量125cc以下)のいずれかの書きものが在るオートバイ。


・新車購入時に保険を契約する度は、

売買契約書もしくは販売証明書が必要となります。

ご注意下記をよく読んで下さい。


・盗難保険ご契約際の当社任命の市場価値の90%が保険お金の上限と掛かります。

・保険金額は、市場価格に基づき設定します。

・契約期間は、保険料が所定の銀行口座に着金した日の翌日0時から一年間です。

※保険の最終日は午後4時までの補いとなります。

・盗難に遭った際には、必ず交番に通報し事故の届け出を成し、

事故証明書を取ってください。

交番への届け出が無い折、保険の適用外となります。

・盗難の対象は、バイク本体のみになります。

・施錠中のみ担保となります。

・お申込み以後、車両等の調査をさせて頂きお引き受けの可否を案内させて頂きます。

・お申込み時に必須な書類をいただかないと契約は成立しません。


● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional